SEO対策

SEO対策のキーワード選びは人間を意識して

キーボード

昔はSEO対策と言えば、いかにキーワードをコンテンツの中に詰め込むかということが重視されました。しかし、最近はユーザーにとって有益なコンテンツであることが様々な角度から評価されるようになっており、キーワードの重要性は下がってきています。
キーワードの出現率については今はさほど問題ないとは言われていますが、やはりキーワードはメインになるものはある程度意識して増やした方が良いでしょう。さすがにひとつでは少なすぎると思われるからです。
キーワードはメインの他にサブとなるものまで含めると非常に多くなる場合もありますが、どのようなキーワードが含まれているかはコンテンツの方向性を示す上で大事な情報となりますから、あまり意識はせずに盛り込んでおくと良いでしょう。しかし、そのキーワードから内容が推測できない場合にはSEO対策にならず、かえって不利になる可能性があるので注意してください。
大事なことは、SEO対策は今やユーザー対策に近づいてきているということです。検索エンジンがユーザーにやさしい評価をするように成長してきているため、昔のような機械相手の対策では失敗してしまいます。今後の方向性としても人間に使いやすいサイトほど評価されるようになるでしょうから、人間が評価するという観点からキーワードの入れ方や選び方を考えましょう。

注目記事