SEO対策

SEO対策において内部対策はとても重要

手とマウス

SEO対策と聞くと相互リンクを依頼したり、サブサイトを作成してリンクを張ったりと外部からの被リンク対策をイメージする方が多いと思います。
確かに外部対策は気を配るべきポイントではありますが、最近の検索エンジンのアルゴリズムの進歩はコンテンツの質を重視している傾向があるため、内部対策を意識したSEO対策をすることも重要となります。
内部対策とはその名前の通り、ウェブサイト内部の内容を変えることで検索エンジンへの最適化を目指すSEO対策です。
例えば、正しく見出しタグを利用したHTML構文でページを作成したり、パンくずリストを作成したりといった方法が挙げられます。
こういった内部対策をすることで検索エンジンがページの内容を理解しやすくなったり、リンク経由で他のページを巡回しやすくなったりするため、検索結果で上位に表示されやすくなるのです。
また、内容の薄いページを量産するのではなく、しっかりとしたコンテンツを用意することも検索エンジンからの評価を高めるには必須と言えます。
さらに内部対策はユーザーにとって価値の高いコンテンツを内包したウェブサイトを作ることにもつながるため、SEO対策にとどまらない効果が期待できます。

注目記事